MENU

障害福祉事業

BUSINESS

障害福祉事業

笑顔をつくる仕事をしよう。
私たちは障がいのある方・
関わる方が幸せに生活できる
居場所づくりをお手伝いします。

EMICLE CONSULTING

社会貢献をビジネスへ

「良質な障がい者福祉事業が広がってほしい」

私たちは、障害福祉事業の経験を生かして、
より多くの企業様に障害福祉事業に興味を持って頂きたいと思っています。
ただ広まれば良い訳ではなく、良質な障がい福祉事業所が増えなければ、
障がいをお持ちの方や、その関わる方が幸せに暮らせるようになります。
その一方、福祉ではありますが、健全な経営をしていかなければいけない中、
障がい福祉事業はとても、安定した高収益が望めるビジネスでもあります。

コンサルティング内容

就労継続支援A型

企業等に就労することが困難な65 歳未満の障がいのある方に対し、雇用契約に基づき、生産活動の機会の提供、その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練、その他の就労に関する必要な様々な支援を行い、一般就労に必要な知識、能力が高まった方については、一般就労への移行に向けて支援を行う、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスです。

就労継続支援B型

通常の事業所に雇用されることが困難な就労の経験がある障がいのある方に対し生産活動の機会の提供、その他の就労に必要な知識及び能力の 向上のために必要な訓練、その他の就労に関する必要な様々な支援を行い、知識、能力が高まった方については、就労継続支援 A 型(雇用型)や一般就労への移行に向けて支援を行う、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスです。

生活介護

障がい者支援施設などの施設で、日常的に介護を必要とする方に対して、主に日中(昼間)に、入浴・排せつ・食事等の介護、調理・洗濯・掃除等の家事、生活等に関する相談・助言その他の必要な日常生活上の支援、創作的活動・生産活動の機会の提供のほか、身体機能や生活能力の向上の為に必要な援助を行う、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスです 。

自立生活援助

自立生活援助とは、障害者の支援施設やグループホームなどから一人暮らしを希望されている知的障害者や精神障害者について、住まいを定期的に訪問したり、随時の対応によって、援助支援を実施するサービスです。

介護包括型共同生活援助

生活介護や就労または就労継続支援等を利用しながら、地域で共同生活を営む住居に入居している障害のある方に対して主に夜間において、入浴、 排せつ、食事の介護、調理、洗濯、掃除等の家事、生活等 に関する相談・助言、就労先や関係機関との連絡のほか、必要な日常生活上のお世話を行います。

日中サービス支援型共同生活援助

平成30 年度障害福祉サービス等報酬改定により創設される「日中サービス支援型グループホーム」は、障害者の重度化・高齢化に対応するために創設された共同生活援助の新たな類型であり、短期入所を併設し地域で生活する障害者の緊急一時的な 宿泊の場を提供することとしており、施設等からの地域移行の促進及び地域生活の継続等、地域生活支援の中核的な役割を 担うことが期待される。